ウェブメディアなどで目にする、「フリー素材」のモデルたち。ここで言う「フリー素材」とは、ウェブサイトや広告のビジュアルとして使っても、利用料を支払う必要がない写真画像のことを指します。

月に1、2回の撮影です。事前にカメラマンとどのようなフリー素材を撮影するか決め、1回の拘束時間は4時間前後で数百枚撮影します。

素材モデルに大事なのは、顔を出すことではなく「使いたいと思える写真が撮れるかどうか」です。

・・・・・・

素材モデルに興味はあるけど、顔を出すのはちょっと・・・という方は。

アイテムで顔を隠す

ポーズや角度を工夫して顔が写らないようにする

パーツモデルとして活動する

加工でどうにかする